あおぞら保育園

ご挨拶

大宮駅から徒歩10分。園周辺には閑静な住宅街が広がり、その中の一角にある、赤い屋根の保育園です。近くには大きな公園があり、散歩に行く機会も多く設けています。
幼児クラスでは、週に一度、専門講師に依頼し、体操指導、英会話を行っています。
食育活動の取り組みも豊富で、野菜を育てたり、パン作りや手打ちうどん、とうもろこしの皮むきなど、子ども達が実際に様々な食材に触れながら、『食』への興味、関心を伸ばせるように保育を行っています。又、給食では、子どもの年齢に合わせた栄養・質・量を考えた園独自の献立を実施し、バランスの良い美味しい給食を作ります。更に行事食も取り入れ季節感のある献立を実施しています。

園長あいさつ

あおぞら保育園は、平成15年に開園しました。定員90名の保育園で、大宮駅より徒歩約12分の住宅街の中に建てられた保育園です。
園庭では、毎日朝から子ども達の元気な声が聞こえてきます。また、子ども達と柿やみかん、はっさく、夏野菜等様々な植物を育てています。土に触れ、成長を見守り、育てた野菜を食べることで、多くの発見を体験しています。職員はそんな子ども達の発見を一緒に楽しんで見守っております。
園行事では、子ども達が目標に向かって取り組み、可能性を発揮し、自信につなげていく経験を大切にしております。こうした心の成長を通して、思いやりや表現力、一生懸命取り組む気持ちが育っていくことに繋がります。
本園は、開園以来食育に力を入れております。栄養バランスのとれた、色彩豊かな美味しい給食、おやつを食べることが出来ます。様々な食育経験から、食べ物の大切さ、食に携わって下さった方への感謝の気持ちを育むことにつながります。また、日々保育士と栄養士が協力をして、子ども達が楽しみながら食に関心が持てるよう工夫しております。栄養士のことも、子ども達は大好きです。
あおぞら保育園では、子ども達が心も体も成長し、元気で明るく毎日を過ごすことが出来るよう保育環境を提供しております。

園長先生写真

設備

設備01
設備02
TOP